「ロイヤルエクスプレス」タグアーカイブ

クルーズトレイン THE ROYAL EXPRESSさんの旅

回想録になりますが…4月のある日、横浜〜下田間の列車旅を味わいました。

昨年末にTHE ROYAL EXPRESSさんからのお声がけで横浜のクリスマスパーティーにお菓子をご提供させていただきながら、列車旅とは何ぞや?という思いのまま…繁忙期開けて、体験させていただきました。お取組み先としてではなく、イチ乗客として。

水戸岡鋭治さんがデザインされた列車、内装もとても素晴らしいものでした。写真では伝わらない、空気感がありました。岡山の家具屋さんがルーツの方とのこと、椅子の座り心地、機能と美しさを兼ね備えた造り、居心地がとても良いのです。

お料理は「羅漢」さんの監修によるもの。細やかな細工、素材に程よい手を加えられた逸品、複数素材を合わせながら味の落としどころもよくて、最後まで楽しみました。

桜がテーマのお料理、見た目にも美しく心に残るひと時でした。

クルーの方々の温かいおもてなしと笑顔。素晴らしい内装だけでなく、それを包む空気はクルーとお客様から生み出されるものと感じました。写真や聞いただけでは分からなかった列車旅、乗車して観て触れて味わって、そこに流れる音楽を聴いて、素敵な空気に包まれて、そんな旅を知りました。

伊豆急下田駅に到着すると、ヴァイオリンの生演奏でお客様の下車をお見送り。駅にTHE ROYAL EXPRESSテーマ音楽が流れる特別感があります。

ヴァイオリニストの大迫淳英さん、大島紬大使とのこと。この日、大島紬を着て観ました。

旅は、片道と往復の2種類があり、4月は片道乗車。列車を降りた後は下田の街を散策。駅の目の前にロープウェーがあり、寝姿山の山頂へ5分ほどで行くことができます。山頂には東急さんのROYAL HOUSE、見晴台の素敵なカフェがあり、ペリーが来航した湾が一望できます。

 

ペリーが来航したのは1854年3月18日から21日間とのこと。68年前の3月、もう桜は咲いていたのでしょうか…。寝姿山から見たこの日は快晴、美しい海が一望できました。

ロープウェーで山を降りて、下田の街の港の方へ散策を。港近くにペリーロードという情緒あふれる通りがあります。

 

伊豆急下田駅からペリーロードまで10分くらい。夕暮れ時の風に吹かれての散歩、潮の香りも心地よかったです。

このペリーロードから近く、駅へ戻る方向に日新堂さんというお菓子屋さんがあります。昔懐かしい店内に置かれたマドレーヌとレモンケーキ、三島由紀夫さんが好きだったというお菓子。

数個ずつ購入しておやつにいただきました。

この日は伊豆急下田駅に1泊、翌日は伊豆急の列車に揺られ、海を眺めながら帰りました。

THE ROYAL EXPRESSさんの素敵な空気感、旅の時間は実際に味わって感じるものがありました。旅先へ移動手段として列車を使うことが多いけれど、移動ではなくその時間と空間全てを存分に味わう旅もあるのだと知りました。

心に残るもの、素敵を創る、良い刺激をいただいた旅、ご縁いただいた全てに感謝です。ありがとうございました。