「田舎暮らし」カテゴリーアーカイブ

菓音の夏の過ごし方

十勝、帯広は初夏の陽気、晴れた日はフェーン現象で一気に30℃近くなり、曇って肌寒い日の朝は10℃ほど。6月のこの時期は気温の振れ幅が広いです^^;

十勝菓子工房 菓音という屋号で製菓業をはじめて10年、それまでお菓子作りは趣味程度、販路も技術もゼロからよくここまできたなぁと思うこともしばしば。開業当初に百貨店のバイヤーさんに出会い、育てていただいて今があります。その流れで首都圏の百貨店さんへの卸と地元ホテルさんのブライダル仕事でほぼ一年がすぎてゆきます。

そんな一年にも波があり、繁忙期は冬。クリスマスギフトの製作からバレンタイン、ホワイトデイ、4月のご贈答シーズンを終えると仕事が落ち着きます。お中元ギフトから退いて6年ほど経ち、季節労働者と自認するほど冬と夏の差が大きくなりました。

経営者目線でみると「リスク分散」を考え夏場にもう少しお仕事を作るべきなのですが、小規模一人製造なので自分ペースで仕事を組み、夏場は自分のための時間を過ごそう!と。そして2016〜2018年はチェコへ伝統菓子の研究へ赴き、2019年にはモスクワで開催される外務省主催のPRイベントに参加、もっと海外を知り活動したい!と思いました。が、2020年はコロナ禍で全て白紙。海外はおろか国内の移動も制限される日々でした。

そんな2020年に続き、2021年も静かな夏を過ごしています。

工房は河川敷に面していて借景、小さな川がありますがその先に札内川という大きな川が流れています。広い河川敷にはたまーに気球が降りてくることもあります。

昨年の写真ですが…6月初旬の田園風景。工房は帯広市内にありますが、車で20分ほど走るとこのような風景が広がります。

空が広い!

神戸在住時、バイヤー業で北海道へ来た頃は「住むことはできないなぁ」と思っていたのに、いまでは「モノづくり」にも「暮らす」にも最高の場所になっています。ありがたいことです。ご縁にも今ここに暮らせることにも、全てに。

海外渡航は来年も怪しく、当面国内でできることを考えながら、製菓業以外にも学びたいことを見つけて只今勉強中です。講習会がオンラインになったりしますが環境の変化に合わせ柔軟に…。

今できること、昨年新たに制作したWEBサイトの方も少し見直して行きます。レンタルしているサーバーがバージョンアップしてデータ移行やら何やら…アナログな私にはサッパリで、お世話してくださる会社の担当さんに助けられ、感謝しながら夏場に少し手直しして行きます。

たまにご覧いただけたら嬉しいです、KANONのサイト。以下クリックするとサイトへ。

Art Food KANON

4月、新年度です

4月になり帯広市内の雪は無くなり、春らしい陽気になりました。…といっても朝晩はストーブをゆるく炊いています。まだ雪が降ることもあり三寒四温、桜が咲くのはゴールデンウィーク明け頃、まだ肌寒い日が続きます。

3月末にお世話になった方が帯広から去られることになり、十勝を描いたアートクッキーをお贈りしました。

真冬の白い世界と、初夏の緑の世界。同じ場所なのに、180℃景色が変わります。5月中旬頃から一気に新緑が芽吹き、日に日に緑が濃くなります。この時期は大地からエネルギーが湧き出るような感覚、自然の勢いを感じます。

さて4月、令和3年の新年度。平穏無事を願い、十勝より皆さまのご清祥をお祈り申し上げます。

然別湖のアイスコタンへ

3月、十勝・帯広はまだ雪の中ですが、日中はプラスの気温、日差しも春らしくなってきました。ホワイトデイまであと2週間、伊勢丹さんのオンライン・ホワイトデーと三越日本橋さんの店頭イベントの制作が続きます。

…そんな中ですが、制作合間の息抜きに日帰り旅をしてきました。2月28日は菓音の創業日ということもあって、以前から行きたかった然別湖(しかりべつこ)コタンへ。冬の凍った湖上に氷で作ったブロックを積み上げて作るイグルー、アイスバーやチャペル、露天風呂まである冬だけのコタン(アイヌ語で集落)です。

 

十勝の北部にある然別湖、標高800m、周囲14kmの湖、冬になると表面が凍ります。氷の厚さは40〜50cm(場所により異なる)くらいあるのだそう。入り口で検温と連絡先を記録して入場。入り口付近にアイスバーがあります。

 

建物の外観やバーらしき所を撮るのを忘れましたが、ステージのようになっている正面の氷のデザインがあまりに美しくてしばし見とれました。ホント圧巻です。

 

アイスバーに併設のスペースに透明氷の小さなイグルーが。光が当たって幻想的。もう一枚の写真はチャペル。氷の使い方、デザインが素晴らしくて本当に綺麗でした。

 

スノーモービルで湖上を走ることもできます。期間中、スタンプラリーが開催されていて会場6箇所にある暗号を読み解く、というもの。正解したら村民証を授与されます。然別湖のホテルの温泉が半額だったりアクティビティの割引があったりとお得。もし行かれる方がいらしたら参加してみてください。

隠れた名物?のベーグルのフレンチトースト。ネイチャーセンター2Fのカフェ、湖が一望できます。フレンチトーストは見た目以上のボリューム、中まで卵液がしっかり浸っていて、バターたっぷり、底部分はカリカリ、中はふっくらモチモチしっとりでした。ソフトクリーム付きで、熱々のトーストの合間に冷たいソフトは絶品。久々に美味しい逸品をいただきました。

雪山の運転は怖いので、往復ともに路線バスを利用。帯広駅から然別湖まで約100分、行きは貸切、帰りは一人だけ乗り合わせ、勿体無いやら有難いやら…。お陰で車窓風景をのんびり堪能できました。

 

黄昏時の十勝、雪の中の青い世界。寒いけれど美しい季節です。

然別湖コタン、1980年から始まり今年40周年、記念すべき年ですがコロナもあって人はまばら。勿体無いけれど、密にならずゆっくり見学できました。今年は3月21日までの開催。安全確保の上で、十勝の素敵なイベントへ訪れる方が少しだけ増えたら嬉しいな…。

*然別湖コタン(十勝、鹿追町観光協会のサイト)

本年も。

新年明けて早や13日…もはや明けまして、なんて書き始めるのも遅すぎなのですが…

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年が穏やかな年になることを心から願い、皆さまのご多幸を十勝よりお祈り申し上げます。

帯廣神社で元旦に初詣。帯広は観測史上初の雪のないお正月でした。1月7日まで雪がなく、不思議な光景。雪投げ(雪かき)がないので一般市民は楽なのですが、畑に雪がないと作物に影響が出るので、農村地帯の十勝としては不安なお正月でもありました。

…が、1月8日にようやく根雪。その晩に再び降って一気にいつもの十勝らしい雪原になりました。

繁忙期に入った1月、朝に雪投げをしてからの製造仕事は大変ですが、十勝はやはり雪があっての冬。雪に閉ざされた冬の暮らしが続きます。

そして、同時にバレンタインのお仕事が本格的に。今年も高島屋さんのオンラインストアで5商品をご案内中です。少しずつ制作風景をお伝えして参りたいと思います。

10年以上ぶり?のラテンハープ、アルパ

15年前くらいまでの3年間、ラテンハープにのめり込んでいました。南米パラグアイのハープ、正式にはArpa、アルパ、という民族楽器。楽譜を使わずに身体で覚えるのと、爪でアコースティックギターのように弾くのでキラキラした音色が特徴という楽器です。

 

重量は7kgほど、36〜7本の弦で4オクターブほどの音域、半音は特殊操作になりますが(グランドハープと構造が違うので)ピアノの複雑でない曲はアレンジしてアルパ用に弾くことも可能です。

  

製菓業を始めて以降は、爪が伸ばせないので触れることもなくなりました。たまに夏場の仕事がない時に弾くこともありますが、本当に弦に触る程度…サビついた指はそう簡単には復活してくれません(涙)でも、身体が覚えている限りの曲を思い出しながら、気まぐれに練習します。

先日、十勝・幕別町に新しくできたイベント施設、Makura Showcaseさんで音鳴らし。数曲弾いてみました。昔倉庫だった建物改装し、木を多く使った内装なので音響は最高。温かく音が跳ね返って気持ち良かったです。