「十勝菓子工房菓音」カテゴリーアーカイブ

NHK北海道さんの4K番組「てしごと北海道」、収録

先日、NHK北海道さんの番組収録をしました。「てしごと北海道」という道内放送の番組です。

毎月最終土曜日、朝7:30〜8:00「おはよう北海道」の中の5分間。

4K映像ですが、放送は画質を少し落としてハイビジョン放送。映像にこだわり、ナレーションは入れず音楽も最低限。作り手の語りと作業の音、そして作業工程をしっかり見せるという番組です。

NHKさんなので屋号(十勝菓子工房 菓音)は出せずですが、アートクッキーの製作の様子を公開します。

大判アートクッキー、通常1週間ほどかけて製作しますが、6時間の収録に短縮。生地の状態と、同じものを3枚作り収録に備えました。

約14cm角のサイズ、十勝の四季を表現したアートクッキーも収録に備えて製作。一気に7枚の大判製作、なかなかない経験でした^^

製作までに事前取材、取材後もメールとお電話で綿密なやりとり。工程が細かいので作業も分刻みでタイムテーブルを組み、どの角度からどんな風に撮影するかを想定して収録の流れを組んでいきます。

ディレクターさんが「どうしたらこの作業、作品を映像で表現できるか」をじっくり考えてくださり、アイデアをいただいてこちらも「こんな風にできるのでは」と投げ返す、その作業がとても楽しかったです。

11月上旬、繁忙期に入る一歩手前、急ピッチで準備を進めて収録に入りました。

4Kカメラ!! 以前のNHKさんの「あさイチ」でお世話になったカメラマンのS氏、再びの収録で嬉しかったです。札幌から駆けつけてくれた照明K氏も「あさイチ」からの再会。音響さんの機材が初めて見る高性能マイク、これも興味深かったです。

描く様子を超近距離で撮れるレンズで。虫を撮影したりするのに使うレンズだそうですが、この時は数ミリの牛を牧場に描くというシーンを撮影。

アートクッキーを並べての撮影も。

静止画ではなく映像、どんな風に伝えるのか、静止画の1枚とは違い、カメラの視点をどのように動かしていくと伝わるのかを常にカメラマンさん、ディレクターさんが考え、照明さんと音響さんがその映像を作るための最高のパフォーマンスをする、そんな連携プレーが素晴らしかったです。

作業が全て終わった最後に、音響さんが「工房の音のない音」を収録していました。数分間の沈黙。けれど、全くの無音ではなく、その場の空気感と音があるのですね。この番組、そういうものも、場を伝える要素として収録をされていたことが興味深かったです。

語りの収録、話すことには未だに慣れません。同じことを3度くらい収録してもらったり、言葉を引き出すようにディレクターさんが根気強く言葉を投げかけてくれたり。ナレーションが入らないので、視聴者に分かるように主語を入れて話す、意外と難しかった…。

十勝菓子工房 菓音を始めようとした時の想い

十勝の小麦をはじめ、十勝産の食材が素晴らしくて伝えようと思って始めた製菓業

そして十勝を丸ごと伝えるアートクッキーの製作

言葉足らずですが、少しでも伝わったら…と思います。どんな映像になっているのか楽しみであり怖くて見られないという気持ちもあり、ですが、「十勝の食材や魅力、ここで暮らし製作できる幸せ」そんなことも伝わると嬉しいなと思います。

最後に…

今回の肩書きを「菓子作家」 甲賀静香 としました。繁忙期でアートクッキー製作をお受けすることが難しいため、菓子職人や菓子工房代表という肩書きを控えました。一点ものの製作を行いたい気持ちはありますが、時間もエネルギーも必要なため来春に再開できればと思います。

それまでクリスマス、お年賀、バレンタイン、ホワイトデイの製作に精力を注いでまいります。これからも見守っていただけましたら幸いです。

 

藤崎百貨店さんのクリスマスの贈り物

仙台にある老舗百貨店、藤崎さん。今年も2商品ご案内させていただいています。小さなお菓子の家(キットセット)とミニチュアケーキ 。写真は小さなお菓子の家の出来上がった状態のもの。

藤崎さんのクリスマスにお声がけいただいたのは4年前。クリスマスの1回のお取り組みでも、お店の空気感やバイヤーさんのお取り組みの姿勢をお伺いして肌で感じたい、そんな想いで仙台の藤崎さんへ。

実際にバイヤーさんへお会いしたら予想以上に素敵な方でした。商品ひとつひとつへの想いを持ち、作り手の気持ちを組んでくださり、お客様へ繋いでくださる、熱意を持って対応してくださる、そんなバイヤーさんにお出会いできると嬉しくてテンション上がります。

そして今年で4年目。初回以降はご挨拶にお伺いできていないのですが、毎年お声がけくださることに感謝の気持ちです。売り場の空気感、お客様の様子、バイヤーさんの笑顔を思い浮かべなから作り込みます。

オンラインでの販売ではありませんが、もしも仙台の藤崎さんのお近くへ行かれる方がいらっしゃいましたら、店内へお立ち寄りいただけましたら幸いです。

藤崎さんのクリスマスカタログ←クリックするとサイトへ

伊勢丹新宿店さん オンラインストア - クリスマスの贈り物 –

11月に入り帯広は冬の足音が近づいてきました。霜月という暦どおり霜がおり、朝晩は冷え込んでストーブが欠かせない日々になりました。そして、ようやく気持ちはクリスマスへ…!

今年も伊勢丹新宿店さんのクリスマスに参加させていただき、すでに10月からご案内しております。2商品、昨年と同じデザインのハートフルベア、そして今年新たな商品を一つ。

昨年からの継続、ハートフルベア のクリスマスパーティー

昔から小さいものが大好き、ケーキもクマも自分の好きな世界をイメージして生まれました。フルーツやケーキの飾りのクマの顔も1つ1つ、アイシングで作ります。

そして今年新たなデザイン、仲良しベアのハートフルクリスマス

アイシングにお砂糖を絡めて乾燥させると、雪の結晶のような感じに。光が当たるとキラキラ光るように見えます。クリスマスのオーナメントやツリーなどのモチーフをクッキーに。

2つの商品、どちらの透明の正方形のケースに納めてお届けいたします。

伊勢丹新宿店さんのサイトからご予約いただけましたら全国へ配送いたします(一部離党を除く、です…すみません…)商品ページは以下をクリックするとサイトへ。

* ハートフルベア のクリスマスパーティー

* 仲良しベアのハートフルクリスマス

1回目のお届け(11/26〜30)の締め切りは11月13日(日)、間も無くの締め切りです。14日以降のご予約は2回目のお届け(12/19〜23)となります。

今年も素敵なクリスマスになることを願い、今から準備を進めてまいります。

Halloween ー ハロウィンー2022

10月30日、穏やかな暖かい日曜日です。数日前は霜が降りて冬の気配を感じた朝…自然の色合い、一瞬の芸術を1枚。

そして明日はハロウィン。

アメリカのお祭りが日本にも定着?な感じですが、意外と仮装・コスプレ好きな日本人…お面を被り踊る風習も各地でありますが、あのDNA があるのでしょうか。…と勝手な推測です。

JR京都伊勢丹さんでご案内したハロウィン・クッキーを。

 

アイシングクッキーですが、赤色の紅麹色素と黄色のクチナシ色素を合わせて塗ると、陶器のような光沢が出て面白いです。お菓子だけど、お砂糖と色素のアート。

顔を描いてリボンがけして完成。

ミニサイズのカボチャクッキーとお化け、小さなクマのクッキーと一緒に。

そして、イラストを描いたようなクッキーも。

十勝のハロウィン前後はカボチャの収穫期。蒸して食べるとホクホク甘い秋の味わいです。皮をとってペーストにして焼くチーズケーキも絶品、ずっしりとしたコクのある仕上がり、冷蔵庫で数日置いておくと生地が落ち着いてより旨味が深まります。

ハロウィン前日の日曜日、穏やかな午後の時間がゆったりと流れていきます^^

 

 

 

豪華観光列車 ロイヤルエクスプレスさんのお仕事

東急さんのTHE ROYAL EXPRESS、8〜9月までの北海道クルーズ 、9月26日に全8回の運行を全て無事に終えました。それからもう2週間ほど経ってしまいましたが…3年目の今年に列車旅のお菓子として初参加させていただき、共に素敵な旅を演出する側として(とても小さなワンシーンですが…)楽しませていただき、そして感動を味わいました。

 

 

昨年のクリスマスのお菓子をご提供したところから始まりましたが、北海道でお迎えするのは格別。毎週、駅へ納品に行き、列車がホームへ滑り込む旅にワクワクするのです。停車時間10分もないくらいの短時間ですが、担当者さんやクルーの方々と短い会話を交わし、笑顔で見送る、そんな毎週のことがとても楽しくて、列車旅って素敵だなと改めて思いました。

8月から9月は夏から秋への季節の移り変わりを感じます。ご提供するお菓子は風景を描いたもの。8月は日高山脈のもとに広がる十勝平野の青々とした大地。

9月は秋の景色。黄金色の小麦畑…といいたいところですが、十勝の小麦は遅い品種も8月には全て収穫してしまいます。イメージは小麦畑なのですが、本当のところはススキ野かな。秋の日差しに金色に輝くススキの草原は本当に美しいのです。

  

最終運行の9月23日、気温はだいぶ下がって秋らしい陽気でした。帯広はあいにくの雨でしたが、後半の北海道はお天気に恵まれたようで最終運行きっと素敵な旅だったと想像しています。

北海道クルーズの時は、パンタグラフを外して機関車2両で電源車1両と客車5両を牽引して走ります。例年は機関車は黄色ですが、今年は黄色とオレンジ。そして何と最終運行は緑色のノロッコ号!私も初めて見ました!(にわか撮り鉄の鉄子さん状態です。笑)

丘の上の花畑やスズランが描かれています。緑の機関車2両、かなり目立ちます。素敵。

最終運行でお渡ししたアートクッキー、久々に大判を描きました。列車旅の感動、想いを込めて。

7回の運行は黄色とオレンジの機関車だったのですが、最終日の特別仕様・緑のノロッコ機関車には「やられた!」という感じでした。

最終運行で、ご担当のリーダーMさんから、寄せ書きをいただきました。クルーの皆さんの写真が印刷されたロイヤルさんの更紗柄のカードに温かいメッセージがびっしり。忙しい合間を縫って描いてくださったことに感激。家に帰って改めて見て、涙腺ゆるみました。…というか感涙でした(T_T)

単にお菓子を作るだけではないこのお仕事、どんな時も、どんな先様とも楽しく創作させていただいていますが、今回のロイヤルエクスプレスさんのお仕事もワクワクの連続、楽しませていただきました。田舎の小さな菓子製造者ながら、いつも幸せなお仕事させていただいて感謝感謝です(合掌)

来年も北海道でお待ちしております!!

最後に余談ですが…

9月14日にNHK BS1でロイヤルエクスプレスさんのことが放送されていました。

Japan Railway Journal「北海道を走る豪華観光列車の秘密」

英語で解説が入る30分の列車番組です。放送された内容だから大丈夫かな…と画像掲載してしまいますが、チェック入ったら削除いたします🙏

クルーの方々がお客様をお迎えするために、見えないところでたくさんのお仕事をこなし、感動を演出するためにアイデアを出し合いながら旅を創る、列車旅の素敵の背景を垣間見ました。

2ヶ月に渡る北海道クルーズ、本当にお疲れ様でした!また来年!!