Blog

Art Foodの新しいWEBサイトを

昨年の春ころから準備を進めてきた新しいWEBサイトを4月24日に公開しました。

* KANON Art Food ークリックするとサイトへ

製菓業としてのサイトではなく、菓音の活動を紹介するサイト。当初はポテトフラワーを広めるためのサイトを想定して進めていましたが、それだけに収まらず今まで作ってきた世界観や食材を美しく加工するということを伝えるための…と考えて二転三転四点(それ以上?)しながら、ようやく今の形に辿り着き、仕上げました。

 

10年近く作りづけてきたアートクッキー、その後、ミニチュアケーキのクッキーやマッチ棒クッキーなど雑貨的な「かわいい」をテーマにしたもの、3年ほど前に手がけたパンアートや現在も研究を続けているチェコの伝統菓子「ペルニーク(ジンジャーブレッド)」など、10年間創り続けてきた世界、これから伝えてきたいもの…そんな情報を詰め込んだサイトです。

十勝菓子工房 菓音を立ち上げて、2020年2月で丸10年。これからも少しずつ進化しながら、素敵な食の世界を深めてまいりたいと思います。

 

4月22日 Earth Dayに

全国緊急事態宣言下の中、4月22日は「地球の日」。1970年4月22日に開催された会議から50年目の節目の年です。

*以下WEBサイトから引用

アメリカ合衆国ウィスコンシン州選出のアメリカ合衆国上院議員であったゲイロード・ネルソン(英語版)は、レーニン生誕100周年日にあたる1970年4月22日に環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけた。

2020年のEarth Day。この先、新型コロナウイルスと人が共存した少し先の未来、世界も人も良い状況になっていることを願い、そうなるように想い描き今できることをひとつずつ…。

There is always light behind the clouds. 雲のうえは、いつも青空

-Louisa May Alcott-

高島屋さんの母の日ギフト

これを書いている今日は4月10日、今年の母の日は5月10日、ちょうどあと1ヶ月です。1ヶ月後、どうなっているでしょう、想像もつきませんが….良い方向に、状況が落ち着いて制限が緩められるくらいになっていることを心から願っています。

今年の高島屋さんのオンラインストア・母の日ギフト、公開日は緊急事態宣言が東京など7都府県に発令された日でした。バイヤーさん、社員さん、みんな百貨店さんの休業対応に追われていたと思うのです、本当に大変な事態です。命に関わることなので一刻を争う事態です。そんな中での公開でした。きっと今年の母の日は忘れられない日になると思います。

*高島屋さん・オンラインストア、菓音の母の日ギフト(←クリックするとサイトへ)

今年のデザインはドレスをメインに仲良しくまさんやプレゼント、ハートに小花。お母さんありがとうの想いを込めて。ひとつひとつ心を込めて製作します。無事に最後までお届けできるように、そして無事に母の日を迎えられるように、私もできる限りのことを頑張ります。

どうかストレスを溜めないように、みんなで乗り越えられますように。

アートクッキー、春のミモザ

十勝にもようやく春の陽気、日中はプラスの気温になり日が長くなったなと感じる今日この頃です。

繁忙期が終わって4月は少しずつ個人様向けのギフトを制作しております。公にはしておりませんが、知人のご縁や口コミでご連絡いただき、ご希望に応じてオリジナルのアイシングクッキーを製作し宅配便でお送りしています。

今までこの時期は春、桜でピンク色のお花を描くことが多かったのですが、つい先日はじめてミモザの絵柄をご依頼いただきました。「こんな時期だからこそ、春らしい贈り物をお願いしたい。ミモザのお花をクッキーに描けますか?」と。

ミモザといえば砂糖漬けにした黄色くて小さな粒、製菓材料としてしか知らなかったのですが、依頼されて色々な写真を見てミモザの植生を調べたりして…素敵なお花なのですね。温暖な地域の植物ということもあり、北海道では見たことがありません。でも、黄色くてふわふわの美しいお花、緑の凜とした葉、ミモザだけの花束はとても素敵です。

そんなミモザのアイシングクッキー、こんな感じに仕上がりました。

春はピンクだけでなくて黄色のお花もあるのですよね。来年から商品化しようかな(笑)たくさんミモザの写真を見て、簡単に下絵を描いて、後は夢中でアイシングで描いて…幸せな時間でした。

作り手の幸せな気持ちは、贈り主さまも贈られる方にも伝わるような気がします。これからもそんな風に想いの伝わるギフトを作り続けていきたいと思います。

額縁形のギフトケースにお入れして完成です。

大変な時期が続きますが、どうか心の疲れをためないように。困難が少しでも最小限に収まり、日常が一日でも早く戻ることを心から願いつつ。

4月、新年度。

4月1日。新しい年度、どんな状況でも先を見て今できることを、と思う新年度の一日目。

JR京都伊勢丹さん、B1「菓子のAWASE」さんにアイシングクッキーのギフトを置かせていただいています。この状況下なので衛生面や距離を置きながら…となりますが、お客さまがきてくださることに、商品をお手に取っていただけることに、本当に有り難く嬉しく思います。

3月に続き、4月も桜のクッキーをご案内しています。

 

ちょっとしたお心遣いに、御礼に、お配りできるプチギフト。桜のピンク色は紅麹の天然色素、濃淡の出し方はちょっぴり難しいです、時間が経って乾燥するとピンクが少し濃くなるので、それを見越して薄いピンクから濃いピンク、トーンを少しずつ上げて着色していきます。

今年のお花見自粛は切ないけれど、一つでも多くの命が救われますように。来年に桜を思いっきり愛でられるように、最善の状況で困難を最小限に乗り切れますように。