Blog

チェコの伝統菓子ペルニークのご案内

11月23日、帯広は快晴、朝は冷えますが気持ち良い空気です。昨日22日は二十四節氣の小雪(しょうせつ)でしたから、もう冬も間も無くですね。

今回はクリスマスのご案内です。チェコの伝統菓子ペルニーク、日本ではまだ情報が少なくマイナーなお菓子、英訳はジンジャーブレッドですが、歴史もレシピもチェコならではのもの。

 

昨年12月にNHKさんの番組「グレーテルのかまど」でご案内されて少し認知度が高まり嬉しくなりました。

そして今年は旅行会社のエス・ティー・ワールドさんのお取り組みで少量限定ですがクリスマスギフトを通販サイトでご案内いただいております。

*エス・ティー・ワールドさんのペルニークのご案内(←クリックするとサイトへ)

手のひらに収まる7cmほどのハート・ペルニークにレース柄を施したもの。細いアイシングコルネで1本1本、縦・横に線を絞って描きます。そこにドットを入れて行くのですが、1枚作り終えるたびに目がチカチカ…最近は加齢もあって、作業終わりに遠くを見ても全く焦点が合いません^^;   そんな作業を繰り返して、一つ一つペルニークを作っています。

装飾だけでなく生地も十勝の地元産小麦粉に複数のスパイスを入れています。今回のエス・ティー・ワールドさんの商品、以前プラハで購入したペルニーク用スパイスミックスを使用します。アニスが多めのスパイス配合がチェコならではと思います。

12月11日に、旅行会社エス・ティー・ワールドさんのプラハのオンラインツアーを開催予定です。プラハのペルニーク店をはじめ、名所を巡る1時間半の旅、その中でペルニークの説明をさせていただくことになりました。

繁忙期ではありますが、楽しいことは時間を作る!ということで、チェコと十勝、チェコ好きさんたちと繋がりたいと思います!!

 

JR京都伊勢丹さん、新しい場所へ…

10月も中旬過ぎて、一気に冷え込みました。10月17日の帯広の最低気温は4℃、朝からストーブ点火です。週明けには0℃の予報、いよいよ冬支度です。

さて、開設当時からお世話になっている「菓子のAWASE」さん(JR京都伊勢丹さんの地下1階)が改装となり、9月29日から新しい場所「老舗  名店の味セレクション」さんへ移転しました。同じ地下1階、和洋菓子とお漬物の間にございます。

全国各地の銘菓が集まる場所、少し緊張しますが…ただ今ハロウィンで展開中です。

紫色ベースの魔女と、オレンジベースの洋館(お化け屋敷)。

日本のお彼岸のような感じで、霊界の扉が開いて霊がこの世にやってくるというハロウィン。収穫祭も相まってかぼちゃも登場しますが、日本では仮装とコスプレで定着した感があり。

怖いかぼちゃを見かけるけれど、菓音はカワイイ路線で作り込みです♪

今年のハロウィンは10月31日、日曜日ですね。JR京都伊勢丹・地下1階「老舗  名店の味セレクション」さんでご案内中です。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

十勝・帯広でラズベリー収穫

10月に入って帯広は秋晴れの日が多く、まさに「天高く馬肥ゆる秋」です。お天気の良い10月6日、田園風景をみながらドライブしてベリー園へ。

 

帯広市の郊外で自然農法で様々なベリーを栽培している「ときいろファーム」さんへ収穫に行きました。ご夫婦で就農して丁寧に育てているベリー、ブルーベリー・ハスカップに始まり、驚くのはラズベリーの種類の多さ。赤い品種だけでも8〜10種、加えて黒と黄色のラズベリー、超希少です。他にもカシスやカランツも。そんな素晴らしいベリー園が車で行ける範囲の帯広にあるって素晴らしい!

10月は収穫の最終期ですが、それでも結構ありました。

ラズベリー、品種の違いで味や粒の大きさが違いますが、同じ品種でも木によって味が変わります。甘さ、酸味、どれも美味。ただ、唯一気をつけるのは、完熟したものを収穫すること。熟すと濃い赤、黒みを帯びるというのか…熟すと甘みが強く、熟していないと赤みが薄くて味がのっていません。何より、指で摘むと、完熟していればスッと簡単に取れて、未熟だとなかなか取れません。自然てすごいですね、完熟すると果実の方から「取って〜」という感じで、綺麗に取れます。

そんなラズベリー、1時間で1kgくらい摘めました!

工房へ戻ってすぐにジャム作り。冷蔵もせずにそのまま移動できる、この近さも本当にありがたいです^^

銅鍋に入れて、北海道産の甜菜糖を入れて30分ほど置きます。果汁が出てくるので、そのまま火にかけて果肉が緩んだところでザルでこして種取り。かなり沢山の種が取れます。再び銅鍋に戻して火にかけてアクをとり、アクが無くなったところで煮詰めすぎないようにして、あとは瓶詰め。

種がないとジャムというよりソースっぽいですが、美しい色に仕上がりました。

ラズベリー収穫の後、ときいろファームさんから車で5分ほどのとこにある岩内仙郷へ寄りました。紅葉が少しずつ始まっていて季節の移り変わりを感じます。

帰り道も田園風景を見ながら。岩内仙郷も田園風景も帯広市内。素晴らしい環境の中に暮らし、素敵な生産者さんから素材をいただいてモノづくりができる…本当に感謝、感謝です。

 

敬老の日のギフト、着々と…

9月20日の敬老の日、先週からのギフト制作が完了し髙島屋さんへ無事に発送し終えたところです。その先、お客さまのお手元へ無事に届きますよう、最後までドキドキです。

今年で2年目の髙島屋さんのオンラインストア・敬老の日ギフト。昨年の初回はアイシングクッキーは商品的に大丈夫かしら?と心配していたものの、予想以上にご注文いただき(本当に感謝です!!)、今年は2商品をご案内させていただくことができました。そして昨年を上回るご注文に感謝、感謝です。本当にありがとうございます。

気持ちを込めて一つ一つ、色をのせ文字をのせていきます。深みあるエンジ色のような色は穀物から抽出した色素、緑色はクチナシ、文字はココアの色です。

フクロウは、福来朗や不苦労と言われる吉兆の鳥です。ご年配の方もお若い方も年齢に関係なく、「元気で年齢以上に若々しく」ありたいですね。そして笑顔、免疫をあげるには一番です。

鶴亀を描いたアートクッキー。

額縁形のお箱に入れて紅白の紙紐で結んでお届けいたします。

今年も素敵な敬老の日を迎えられますように🙏

髙島屋さんのオンラインストア、敬老の日ギフト

お盆が過ぎて帯広はすっかり秋の気配です。日中の風が涼しく心地よく、食べ物が美味しく感じる季節になりました。

今年の敬老の日は9月20日(月)、あと1ヶ月もないのですね。…と慌ててギフトのご案内です。今年も髙島屋さんのオンラインギフトでアイシングクッキーを2種類ご案内させていただいております。

幸せを運ぶ吉鳥、フクロウ。福来朗、不苦労…そんなフクロウのアイシングクッキーと、鶴亀もみじのアートクッキーです。

以下の商品名をクリックすると髙島屋さんのサイトが開きます。

*福来朗の贈り物 いつまでもすこやかに

*鶴亀もみじのアートクッキー

全国配送可能ですので、よろしければご覧くださいませ。