カテゴリー別アーカイブ: 商品

厚真町を「味わうことで支援」できたら・・・と。

北海道の震災から10月6日で一ヶ月。

10月6日から厚真町産かぼちゃを使ったお菓子の販売を始めました。帯広市内の2箇所のカフェさんにご協力いただき、お菓子を店内でお召し上がりいただけます。10月31日までの期間限定、販売終了後に売上の一部を厚真町役場で管理されている「北海道厚真町災害義援金」へ寄付します。

*Seeds cafe:北海道帯広市東11条南11丁目1-26

*カフェ坩堝:北海道帯広市西16条南36丁目1-20

ハロウィンに向けて、かぼちゃのタルトとケーキの2種類を販売しています。

ちょっとカタイ内容ですが・・・この取組みの背景のお話しです。

今年6月に初めて厚真町へお伺いて「移住者が来たくなる町づくり」へのお取組を拝見。行政をはじめ厚真町で頑張りたいという方々にお会いました。

そして先日の地震による震災。6月にお世話になった方が犠牲になり、ご自宅に帰れない方、畑が土砂で埋まってしまった生産者の方もおられて・・・心がちぎれるくらい痛くて言葉になりませんでした。

震災から約1ヶ月、厚真町は復興に向けて頑張っています。私も製菓業として何ができるのか考え、厚真町産の食材をいただいてお菓子を作ることで支援に繋がればと思いました。

日常に戻った十勝で防災意識を忘れないように、復興に向けて頑張る厚真町へ想いを寄せていただけるように、そして売上の一部を厚真町へ寄付できるように、という想いを込めて、厚真町産のかぼちゃのお菓子を販売させていただくことにしました。

まずは動かないと、と思い6月にお会いした厚真町の知人へご連絡してかぼちゃを20kgお願いしました。まだ大変な中にも関わらず、すぐに出荷してくださり10月6日からの販売となりました。帯広でのご提供となりますが、ご希望くださった方には冷凍保存・冷凍配送にてお届けすることも可能です。

厚真町産のえびすかぼちゃ、オレンジ色が濃くて甘みがあり、お菓子に加えても実の美味しさがしっかり出てきます。

10月31日まで、まずは製菓業者としてできることをやってみようと思います。

クリスマスのお菓子を仕込み始めました

9月中旬ですがクリスマスの準備です。今年はベラベッカ というドライフルーツとナッツをふんだんに使ったお菓子をクリスマスに販売します。関西地方で数量限定ではありますが・・・。

ベラベッカ は別名「パンドポワール」(洋ナシのパン)といわれるフランス・アルザス地方の伝統菓子です。秋に収穫した洋ナシをドライにして洋酒に漬け込んで貴重なスパイスを使って焼き上げ、クリスマスに大切な人たちと分け合って食べる、そんなお菓子です。

生地の9割以上がドライフルーツとナッツ、少量のパンきじで繋いでじっくり焼き上げるので原価が高いのが難点ですが、私自身ドライフルーツが大好きなので、同じようにお好きな方へお届けできたら嬉しいです。

まずはクリスマスから3ヶ月前の9月に、ドライフルーツ(洋ナシ、レーズン、イチジク、杏、プルーン、クランベリー、オレンジ)を刻んで洋酒とスパイス(バニラ、シナモン、ジンジャー、カルダモン、アニス・・・など)で漬け込みます。熟成することでスパイスのカドが取れてまろやかになります。

本当に災害が多かった今年、これ以上の災害がなく無事にクリスマスと新年を迎えられますように。想いを込めて仕込みます。

札幌と帯広のお取扱店

7月9日からスポットで以下のお店でお取扱いただきます。

* 札幌:アトリエ・モリヒコ

マッチ棒クッキーのみ。

* 帯広:h66(エイチロクロク)

マッチ棒クッキー、メッセージクッキー

*札内:uraniwa cafe(ウラニワカフェ)

焼き菓子(スコーンやパンプキンタルトなど)

いずれも数量限定です。

3店とも素敵なお店さんです、宜しければお立ち寄り下さい。

※写真はh66さんでお取扱のメッセージクッキーです。

ちょっとしたお配りに、ギフトの添え物としてお遣いいただけます。

IMG_1049

和なクッキー

神前でお式を挙げる友人からの依頼。

和柄のアイシングクッキー、意外にいける。

ハートにはお二人のお名前入。ギフトにいかがでしょう?OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アート・ピクルス

10月10~16日、伊勢丹新宿店B1のプロモーションスペースでご紹介させていただきました。

ご来店下さった方々、本当に有難うございました。

有機のお野菜や、その加工品について、もう少し説明をしたかったけれど、

なかなか説明が旨くできなくて、歯がゆい思いも…。

でも、これからも、単なるアート食ではなく、有機や自然、心身を考える食品を創っていきたいと思っています。

有機食品は一般的になったけれど、その意味をもっと知ってほしい、そのための呼び水的商品として、

見た目勝負、中身は有機食材のアート・フードを創りたい、と。

カラフルなクラッカーは、有機食品ではないけど、十勝産小麦を使用したもの。

スウィーツでなく、こういった塩系の焼きものも結構美味しくできたので、菓音商品に加えていきます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

「自然の色を食べよう」というメッセージ、伝えたいこと。

やぶ田ファームさんの有機トマト煮、濃厚で酸味と甘みある味わい、旨いです。

有機バジルのジェノベーゼも、オリーブオイルと食塩だけ、濃厚でストレートなバジルの味わいです。

伊勢丹スタッフさんが作ってくれたギフトセットが映えました、Hさん有難う。

そして、今回素敵なリーフレットを作ってくれたFデザインのOさん、

POPとリーフレットの写真を撮ってくれたカメラマンSさん、

有難うございました!!感謝!!