カテゴリー別アーカイブ: 十勝暮らし

夏の終わりに花氷を

8月末、十勝・帯広はもう秋です。30℃まで上がることはなく、朝晩は10℃台で涼しいです。

夏に作りたいと思っていた「花氷」、単に氷に花を閉じ込めるだけなのですが、とても綺麗なので作ってみたいと思っていました。しかし、ふと気づくともう秋・・・。夏を名残惜しみながら、涼しい十勝で作りました。

庭に咲いている花や葉、一般には雑草と言われるものですが、きっと素敵な名前があるのだと思います。(調べてないけれど・・・)

関東や関西、以西の方はまだ30℃の残暑ですね。どうか体調を崩されぬようにお過ごしくださいませ。

夏の終わりに・・・

昨日、8月20日の帯広は久々の真夏日、一気に夏が戻ったようでした。今日は一転、20℃台の曇天。いっときは35℃を超える猛暑の日もあって「十勝なのに暑すぎっ!」と思ったこともありましたが、夏が終わると思うと少し名残惜しい気もいたします。

先日、札幌のTSUTAYA美しが丘店さんのイベントへ出店、普段出会えない方々にお会いすることができて素敵な一日となりました。お出会いできた皆さま、足をお運びくださいまして、本当に有難うございました。またお目にかかれる機会を楽しみにしております。

イベントが終わり、夏も終わりに近づき、夏の疲れが出そうな今日この頃・・・?そんな時にオススメのお酢のソーダ割り。帯広のベリー農園さんと某ドラッグストアさんが開発したベリー酢をいただきました。疲れを癒しつつパチリと一枚。

8月も駆け足で過ぎてゆきますが、体調に気をつけて緑が美しい季節を楽しみましょう!

十勝は秋の気配

十勝はお盆過ぎる頃には秋の気配が漂います。

お盆の初日、8月13日には毎年恒例の地元新聞社の大きな花火大会があり、花火が終わると夏が終わる、という気がします。暮らしの中に根付いている花火大会です。

今年の夏は帯広市内の「ときいろファーム」さんに3度通ってラズベリーを収穫。その内の一度は収穫のお手伝い、出面さんデビューしました。朝7時から12時までラズベリーを一粒ずつ手袋をして手摘みします。まさに宝石を扱うような感じ。

ラズベリー収穫が終わる頃には小麦収穫も終わる頃。収穫の帰り道に小麦収穫の跡を横目にしながら…・

収穫したラズベリーのシロップをソーダ割りに。

ラズベリーを使ったお菓子を試作中です。チーズケーキやブラウニー、地元産素材を使いながらズッシリと密度あるお菓子に。オンラインショップで近いうちご案内したいと思います。

十勝、ラズベリーが最盛期

帯広にある「ときいろファーム」さん。自家堆肥と無化学農薬で栽培しているベリー園さんで、30年ほど前に前任者の方が栽培した農園を移住したご夫妻が引き継いで10年弱。

有機、土の微生物の力を借りて自然の営みの中で栽培する、素晴らしいけど一筋縄ではいかない農法。除草剤をまかずに機械や人手で草を刈り、虫の駆除は酢酸などを使用。でも、だからこそ、安心してそのまま食べることができる。

 

こちらの農園では9種類のラズベリーの他にブルーベリーとハスカップを栽培。ラズベリーは品種の違いで味も形も違うので、ジャム用、生食用とか分けながら収穫。

8月の今は最盛期、果実が輝いている感じ。

 

ラズベリーは赤だけでなく、黒や黄色も。ブルーベリーは色づき始めたところ。

ジャムにするにはしっかり熟したラズベリーを。計量した実と、実の1/3量の甜菜糖を銅ナベに入れて数時間ほど砂糖に馴染ませる。

 

火を入れて煮立ってきたら、ひたすらアク取り。結構アクが出る。

今回は裏ごしせずに果実丸ごといただくということで….種がいっぱい!ま、全ていただくということで良しとしよう。

ときいろファームさん、全国の百貨店さんの北海道催事に出店予定、今年の秋〜冬にかけて9ヶ所めぐるとのこと。お近くの百貨店さんでときいろファームさんを見かけたら是非立ち寄って見てください^^

暑い日が続いていますが・・・

8月です。十勝、帯広も猛暑続き、昨日は十勝の足寄町で35℃を記録。

日本も北半球も熱せられて大変・・・これからも続くと思うと、暮らし方や生き方を考えなくてはと思わされます。

とかモヤモヤとしていても仕方ないので、気分転換に夏の一枚を。

水彩色鉛筆と水筆はとても便利、金魚をささっと描けます。水紋はパステルで輪を描いて消しゴムで線を描くというか消す、というか。

所要時間時間は下絵から1時間くらい。

ちょっと描きたいと思うときに水彩色鉛筆、オススメです。