Blog

オンラインショップ、リニューアルオープンしました

年に数度しかオープンしていなかったオンラインショップ。手が回らないとか色々理由をつけてサボっていたけれど、商品を物語からちゃんとお伝えしたいという気持ちはずっとありまして・・・。

最近はスマートフォンでご覧いただいている方が増えたので、そろそろパソコン・スマートフォン両方対応にしなくては!と一念発起、何とか両方対応でご覧いただけるようになりました。お菓子のお話を記事風に入れてみました。また、今まで道内のマルシェやカフェでしか扱っていなかった焼き菓子を販売いたします。クッキー以外は冷凍保存・冷凍配送となります。

そして、今までお電話やメールでご注文下さっているお客さまは、もちろん今まで通りのご注文方法で大丈夫です!ホームページをご覧になれるお客さまは、「あの商品が欲しい」とご連絡くださればご用意いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

リニューアルオープンして10月いっぱいは様子を見ながら営業いたします。11月からクリスマス製造が始まり繁忙期に突入するので、その辺りでクローズするかもしれませんが・・・それでも、マッチ棒クッキーだけでも販売し続けたい。菓音がんばりますので、これからもよろしくお願いいたします。

クリスマスのお菓子を仕込み始めました

9月中旬ですがクリスマスの準備です。今年はベラベッカ というドライフルーツとナッツをふんだんに使ったお菓子をクリスマスに販売します。関西地方で数量限定ではありますが・・・。

ベラベッカ は別名「パンドポワール」(洋ナシのパン)といわれるフランス・アルザス地方の伝統菓子です。秋に収穫した洋ナシをドライにして洋酒に漬け込んで貴重なスパイスを使って焼き上げ、クリスマスに大切な人たちと分け合って食べる、そんなお菓子です。

生地の9割以上がドライフルーツとナッツ、少量のパンきじで繋いでじっくり焼き上げるので原価が高いのが難点ですが、私自身ドライフルーツが大好きなので、同じようにお好きな方へお届けできたら嬉しいです。

まずはクリスマスから3ヶ月前の9月に、ドライフルーツ(洋ナシ、レーズン、イチジク、杏、プルーン、クランベリー、オレンジ)を刻んで洋酒とスパイス(バニラ、シナモン、ジンジャー、カルダモン、アニス・・・など)で漬け込みます。熟成することでスパイスのカドが取れてまろやかになります。

本当に災害が多かった今年、これ以上の災害がなく無事にクリスマスと新年を迎えられますように。想いを込めて仕込みます。

十勝は日常を取り戻しつつあります

9月6日未明の北海道胆振東部地震におきまして、被災されました皆様へ謹んでお見舞いを申し上げます。

十勝、帯広は日常生活を取り戻しつつあります。物流の混乱や食料品店の品薄状態(日配品はゼロ、全体で50%ほどの品揃え)、ガソリンの販売規制などがありますが、生活には全く問題なく不便はありません。

今回の停電で酪農家さんの牛乳廃棄など基幹産業における損失の大きさを感じ、同時に個々人の災害意識の大切さを思い知りました。

今回のことを忘れないように、またこれからの備えを今のうちに・・・。防災グッズを見直して「もしも冬だったら」を考えて用意しておこうと思います。

十勝、帯広、菓音、無事です!

9月6日未明の北海道胆振東部地震から三日目の8日に書いています。(胆振=いぶり)

十勝も全域で停電し、地域差はありますが9月8日にほぼ全域で電力が復旧しました。十勝は震源地から離れていて震度4、地震による被災はありませんでしたが、停電により酪農家さんたちが搾乳できなかったり、冷蔵できず牛乳を自主廃棄という状況がありました。

停電だけ、とはいえ損失は大きく、冬場だとマイナス25℃になる十勝は凍死の可能性もあり停電の影響の大きさを思い知りました。

一番被害の大きかった厚真町を含む周辺の被災された地域は、復旧作業が続いています。一部の地域は長期戦も予想されますが、一日も早く日常の生活を取り戻せることを願い、状況を注視しながら出来ることを行っていきたいと思います。

 

 

 

これ以上の災害がないことを願って。

台風21号、関西が大変なことに。

関西空港は神戸在住時によく使っていたけれど、浸水した様子を見たのは初めて。唯一のアクセス道路、連絡橋が破損するなんて・・・。大阪市内の車が横転して散乱、驚くべき光景でした。

この度の台風のご被害に見舞われました方々へ謹んでお見舞い申し上げます。

同時にこれ以上の災害がないことを心からお祈り申し上げます。

今夜、帯広空港発の最終便で羽田へ行く予定でしたが、台風の影響で欠航。明日の朝に東京で予定を入れていたのでワヤという感じですが、明日の朝便に変更。この時期の台風は本当に侮れません。

今回はAIRDOで予約。以前作ったパンの画像がベアドゥ(AIRDOのマスコット)に似てるかも?!

ということで涙を描き込んでみました。

AIRDOは久々、欠航便のチケット変更がネットで上手くいかずお電話をしたら、オペレーターの女性の方の対応がとても心地良くて。普段ネットで処理してしまうことが多いだけに、親身に応対をしてくださることが身にしみて嬉しかったです。お名前を記憶し損じたけれど、AIRDOのオペレーターさんに感謝です!