kanon のすべての投稿

ロシア再訪・初夏の旅 1

6月から飛んで今は8月、久々の更新。最近は本業の製菓に加えポテトフラワーの活動が増えて、慌ただしく少々必死な毎日?です。

そんな中、6月17日〜23日にロシアを再訪しました。3月に外務省PR事業に参加した際に観光できなかったこと、伝統菓子のプリャーニク(ロシア版ジンジャーブレッド)を研究したいこと、サンクトペテルブルクへ行きたいことなど色々思い重なり。

6月16日に東京入り、17日の成田発JAL便でモスクワへ。同日にモスクワからサンクトペテルブルクへロシア国内線S7でサンクトペテルブルクへ。夏至が近く高緯度なので到着した22時頃でも明るいです。サンクトペテルブルクはバルト海に面した港町、フィンランドのヘルシンキまで300km、モスクワまで600km、ヘルシンキの方がずっと近く、この時期は街中で夏至祭が行われます。

到着日は空港からすぐのホテルへ、23時でもこの明るさ。

ロシアのホテルって暗そう、と言われるけど綺麗です、今や資本主義の国、物価も東京並みです。ホテルはクラウンプラザなのでロシア資本ではないのですが…。

  

6月18日、サンクトペテルブルク市内を散策、イサク大聖堂へ。近くに緑豊かな公園、花束形の大きな花壇がユニーク。

 

イサク聖堂内。荘厳。

 

 

地盤がゆるい土地(泥炭地?)だったため、教会の地下に木製の骨組みが埋まっているのですって。教会は大理石が大量に使われているから本当にすごい工事だったのだろうなぁ、と感心しきりでした。

 

イサク大聖堂を出て運河沿いを歩いて「血の上の教会」、物騒な名前ですがロシア正教の歴史ある教会。メインの塔が修復中でしたが。教会の近くは露天商が並んでいてマトリョーシカも!ミニオンズ、何だか雰囲気がちょっと違うけど…。

 

午後は念願のエルミタージュ美術館へ! 広いです。とにかく広い…。しかも「あの名画がここに?!」という作品がかなり沢山、ルーヴル美術館だとダヴィンチの作品は混んで見れないくらいだけど、エルミタージュ美術館のダヴィンチの作品は間近で観ることができます。カラヴァッジョやモネ、ピカソを始め、ロダンの未完成の彫刻、他にも本当にたくさんの名作と言われるものが。絶対穴場だと思う。

 

 

当時どれだけの資材をかけて名画・名作を集めたのか想像がつきませんが、本当にすごい美術館です。とても一日では見きれません。

元々、エカテリーナ2世が冬の宮殿として建てた建造物に、自身の美術品を収めるために造ったのがエルミタージュ美術館の始まりなのだとか。建造物自体も見応えあります。

 

広いのでかなり歩きますし、名画名作に感動して無意識にすごい神経使って、エルミタージュ美術館を出るときに一気に脱力、本当に素晴らしい美術館、ロシアの底力を感じるような存在、またゆっくり見にきたいです。

 

 

 

 

ポテトフラワー神戸教室

6月7日、神戸で初のポテトフラワー教室を開催しました。

ポテトフラワーは十勝発のアートフード、マッシュポテトで作るお花の料理です。

*十勝ポテトフラワー  サイト(←クリックするとサイトへ)

神戸開催は株式会社フェリシモさんのご協力のもと、デザイン・クリエイティブセンター神戸で行いました。お昼と夜の二部。最初にポテトフラワーのこと、生地や器具の説明ののち、1時間じっくりとバラの作り方を実習、最後に器に盛り付けて撮影、皆さまでいただいて終了、という2時間のレッスンです。

作り時は皆さま、無言で夢中。時間があっという間にすぎて行きます。1時間ほど実習すると段々とお花の形が整ってきます。作り手によって花びらの形や重ね方の違いでお花が変わりますし、盛り付け方にも個性が出るので、私自身も皆さまの作品を拝見しながら楽しみました。

今年から始めたポテトフラワーの活動、ようやく教室開催にいたり神戸で機会をいただき・・・さらに、神戸で講師になってくださる方を育てたい、もっと広げたいと妄想が広がります。

次回の神戸教室の準備と、レベルアップの講習、いろいろ考えなくては。

東京、札幌の教室も頑張ります!以下の日程で募集中です!

*東京教室/7月1日(月)12:00〜 /深川ワイナリーさん主催

*札幌教室/7月26日(金)12:00〜 /道新文化センターさん主催

 

 

ポテトフラワー教室の開催予定

ポテトフラワーの教室です!

製菓業と並行していくのは大変・・・と言い訳している場合ではありません(汗)やりたいことは早くやらねば、とNHKさんに1月にご紹介いただき背中を教えていただき、ようやく5月に深川ワイナリーさんで初めての教室を開催しました。

ワインを飲みながら受講できるのが良いところ。プレートに盛り付けて完成させて実食する2時間の教室、私自身も楽しみました!初めての方がどのくらい作れるか、やってみないと分かりません。でも皆さま本当に切れに作られて最後は撮影大会でした!インスタ映え間違い無しです。

早く教室開催していかねば!とお尻に火がつき、深川ワイナリーさんで再び7月にすぐ予定を入れていただきました!それ以外に、帯広・札幌・神戸で開催予定です!!

以下、日程です。神戸以降は募集中です!!「作ってみたい、挑戦したい」という方、お待ちしております!ポテトフラワーサイトのContactからお問い合わせ・お申し込みくださいませ。

*お申し込み:ポテトフラワーサイト・Contact(←クリックするとサイトへ)

*2019年 教室開催予定

・5月31日(金) 帯広市    会場:とかちプラザ ・主催/帯広消費者協会(締め切りました)

 ・6月7日(金) 神戸市  会場:KIITO(デザインクリエイティブセンター)後援/株式会社フェリシモ

  募集中です:詳細 Facebookイベントページ(←クリックするとサイトへ) 

 ・7月1日 東京都 会場:深川ワイナリー ・主催/深川ワイナリー

  募集中です:お申し込み 深川ワイナリーさん(←クリックするとサイトへ)

 ・7月26日 札幌市 会場:クッキングスタジオISEKI   ・主催/道新文化センター

  募集中です:お申し込み 道新文化センターさん(←クリックするとサイトへ)

新しい開催場所をこれからも開拓しながら、十勝発のポテトフラワーを広げて行きたいと思います。色々な方とお出会いできることを楽しみに頑張ります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

十勝ポテトフラワー、日本農業新聞さんに

4月中旬頃に日本農業新聞さんに取材いただき、5月11日にご掲載いただきました。新聞社内に「編集局写真部」という部署があるそうで、その若手カメラマンの方が東京から帯広へお越しくださいました。

写真部・カメラマンさんならでは、と言いますか、1枚のためにものすごい沢山シャッターを押されていて、こちらもびっくり。今までで一番たくさん撮られたと思います。1枚のために!

日本農業新聞だからこそ、という点も嬉しく。生産者の方にも「ジャガイモが素晴らしい食」「形を変えて美しく楽しめる、味わえる食」ということを知っていただけたらと思っています。カラフルなジャガイモの色の美しさも。

これからも少しずつ十勝発のポテトフラワーを広げたいと思います。

*日本農業新聞WEB版 ポテトフラワーの記事(←クリックすると生地へ)

日本農業新聞/ 編集局写真部/富永健太郎さん撮影

十勝ポテトフラワー、東京で教室を開催

5月11ー12日、東京・深川ワイナリーさんで十勝ポテトフラワー教室を開催しました。2時間でポテトフラワーを作り、サンドイッチに添えて盛り付け完成、実食までを行う内容です。

深川ワイナリーの常連様でワイン好きな女性の方々がお越し下さり、皆さまポテトフラワーはもちろん初めて。母の日ということもあり、ご自宅で作ってお母さんにお祝いのお料理を作りたいという方もいらっしゃって嬉しかったです。

 

深川ワイナリーさんの奥のレストランスペースにて。

当初はきれいに出来なくてストレスになったらどうしよう・・・という不安がありましたが、コツをお教えして何度も作っていただくと段々と上達、2時間でなんとか作ることができました。

そもそも、十勝のジャガイモの産地で「素晴らしいジャガイモなのだから、もっと付加価値をつけたい」「十勝発のアートフードとして世界へ伝えるものにしたい」という想いで、2年前から今に至ります。今年はじめにようやくNHKさんにご紹介(放送)いただき、5月からようやく教室開催、今後は講師をしてくださる方にご協力いただいて広げる力をつけて行きたいと思います。

5月に帯広、6月に神戸、7月に札幌・東京・・・小規模制なのですでに埋まっている会もありますが、少しずつ広げて行きたいと思います。

*十勝ポテトフラワー インスタグラム